製品情報

金型温度調節機(熱媒体循環温度調節機)

プラスチック成形において、成形品の品質にもっとも影響を与えるのは金型です。 高精度な金型加工と同時に、金型内の温度管理を徹底させることにより、高品質の製品を作り出すことができます。 また、成形サイクルの向上を図り、コスト低減にも役立っています。 ラミネート加工ではロールを最適な粘着温度に保ち、精密さが必要な工程もクリアできます。 このように、様々な製造業の現場において、温度管理は品質管理の重要なファクタとなります。 カワタは、30年・世界 30ヶ国・販売台数 7万台を超える実績のロングセラー温調機で、製造現場における、確かな温度管理のお手伝いをさせて戴いております。

条件を指定する

チラー(冷凍機)

低い温度帯(7℃~30℃)の温調に使用します。