IRポリシー

1. 企業情報の開示について

当社は企業情報の開示にあたり、金融商品取引法に定められたフェア・ディスクロージャー・ルールを遵守し、特定の者に対する選択的開示とならないよう配慮するとともに、株主を含む一般の投資家、機関投資家、アナリストの皆様に対し、迅速で公平、かつ正確でわかりやすい企業情報の開示に努めてまいります。

2. 開示する情報について

  1. 決算関連情報(四半期、年度決算)
  2. その他適時開示事項
    なお、開示方法は金融商品取引法及び株式会社東京証券取引所 などの定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」に基づき、当社ホームページにも適宜掲載いたします。

3. 業績予想および将来の予測について

  1. 当社は、四半期ごとの業績の開示及び詳細な年度業績の開示を行うことにより、皆様の便宜を図ることを心がけてまいります。
  2. 開示情報には、当社及び関連会社の財政状態 および業績に関する将来予測の記述が含まれております。これらの将来予測の記述に は一定のリスクや不確実性などが含まれており、今後の経営を取り巻く環境の変化などにより、実際の結果と必ずしも一致するものではありません。
  3. 当社は、第三者によるいかなる当社業績予測を支持することを致しません。
  4. 証券アナリストや機関投資家の方々とのミーティングにおける開示情報について、当社が行う証券アナリストや機関投資家の方々とのミーティング(個別ミーティング、スモール・ミーティング)で発表される情報は、既に決算発表などで公開された事実か周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境などに限られます。未公開の「重要事実」などについては、当社は一切言及いたしません。

4. ディスクロージャーの方法

  1. 会社法及び金融商品取引法等における法律に定められたディスクロージャーについては、法令に定められた方法にて適正に行います。また、適時開示規則に該当するディスクロージャーは、同規則に従い、同取引所 の提供する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」へ登録し、速やかに報道機関に同一情報を提供いたします。
  2. 当社ウェブサイトにおけるTDnetにて公開した情報の提供については、金融商品取引法及び適時開示規則を踏まえ、報道機関に事実を公表し、同取引所ウェブサイト内の「適時開示情報閲覧サービス」への掲載確認後、速やかに当該情報の掲載を行うことといたします。
  3. また、PDFファイルやその他準備の都合上、当該情報のウェブサイトへの掲載が遅れることもあります。適時開示規則に該当しない情報については、金融商品取引法等の各法令を踏まえて、適切な方法により正確かつ公正に当該情報を株主及び投資家に伝える方針であります。

5. IR担当部署

証券アナリストや機関投資家の方からの問い合わせは、全て本社総務担当部署が対応いたします。

6. IR沈黙期間

当社は、四半期ごとに行われる各決算期末日の翌日から決算発表予定日までを「IR沈黙期間」としております。この期間中は、決算内容に関しコメントすることやご質問にお答えすることを控えさせて頂いております。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示基準に従い適宜公表することとしております。

7. 留意事項

  1. 本ホームページに情報を掲載するにあたって細心の注意を払っておりますが、第三者による人為的改ざん、または機械等の誤動作による障害その他不可抗力によって、情報に誤りを生ずる可能性がありますので、ご注意ください。
  2. 当サイトに掲載された情報は発表日現在の情報です。検索時と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
  3. 当社及び関連会社は、お客さまなどに対するスピーディな情報公開を目的として、本ホームページにニュースリリースなど幅広い情報を掲載しております。
  4. 本ホームページに掲載されているニュースリリースなどには、金融商品取引法第166条に 定められた重要事実に当たる情報が含まれる可能性があります。重要事実を含む ニュースリリースなどをご覧になられた方が、その重要事実が金融商品取引法施行令の規定に従い公開された後12時間以内に、株式会社カワタの株式などの売買等を行なった場合、いわゆるインサイダー取引規制違反として、金融商品取引法の規定に抵触するおそれがありますのでご注意ください。