ご挨拶

GREETING社会や市場から求められるものにタイムリーに対応し、お客様に感動を与えられる製品とサービスを提供いたします。

代表取締役社長 白石 亙

当社は1935年に川田製作所として誕生しました。当初は部品の下請け製作が主な仕事でしたが、1938年に川田製品として第1号のゴムチューブ押出機を製作しました。その後も主に部品の下請け加工や他社機械の修理を行っておりましたが、戦後、プラスチックの時代が到来すると予測し、プラスチック用押出機、そして現在のプラスチック成形工場における省力化機器の開発製造に着手、欧米メーカーとの技術提携も積極的に進め、現在の製品の基礎を作りました。そして当社の成長を支えてきたのは、創業以来の精神です。

  • お客様や社会が求めているものを考えて、手助けとなる製品やサービスを提供する
  • 経験や知識がなくても、将来性があるものには挑戦する
  • 挑戦する時の実施スピードの速さ
  • 社員とともに歩んでいく経営姿勢

経済のグローバル化や情報化社会が進み、製造業を取り巻く環境は大きく変わろうとしていますが、当社はこの創業以来の精神を大切にして、しっかりと歩みを進めてまいります。 今もなお、プラスチック製品の多様化が進み、新素材や新機能材料が開発されています。リサイクルや耐久性向上等、地球環境を意識した対応を行いながら、世界規模ではプラスチック製品の用途は今後も拡充が見込まれます。また、お客様の製造現場では益々省力化が求められていきます。当社は、現場第一主義を基本姿勢とし、創業以来培ってきた技術を基に、お客様の生産活動の改善につながる提案と、お客様に喜んでいただける製品・サービスを提供することにより、世界の人々のより豊かで安全な暮らしに貢献し、企業価値・株主価値を高めてまいります。